最前線☆ウェブ会議システム

自分の会社に合ったウェブ会議システムを導入しよう

HOME > ウェブ会議のシステムについて > 自分の会社に合ったウェブ会議システムを導入しよう

自分の会社に合ったウェブ会議システムを導入しよう

本社と地方の支社の会議などを円滑に進めるために近年普及が進んでいるウェブ会議システムですが、そのニーズの高まりにより、今では多くの会社がこのサービスを提供するようになりました。
そんな中で、どこの提供するサービスが自分の会社に合っているか分からないなどと導入を考えているけれども悩んでいるという担当の方もいるのではないでしょうか。
そのような悩みを解決に導くには、ウェブ会議システムを導入する目的を改めて整理することから始めましょう。
会議の時間を短縮させたい、地方に支社が多く出張費を抑えたいなど、なぜ導入しようかと思った経緯はその会社によって様々です。
その目的をはっきりさせたうえで、目的を達成できそうなシステムは何か、どこのサービスが充実しているかという事が選びやすくなります。


まず、同じ地域にオフィスが点在していて、本社などに集まらなくても会議が出来るようにしたいなどという場合には、映像や音声などがクリアであるかという点を重視しましょう。
せっかくウェブ会議システムを導入しても、音声が不明瞭で良く聞こえず何度も聞き返してしまう、映像が不鮮明でプロジェクターなどで映し出された資料などを確認することが難しい、などという事になってしまうと導入の意味がありません。
特に映像は後にデータなどで資料を送付してもらう事も可能ですが、会話に関してはその場で確認しなければならない事項もあります。
特に音声に関しては納得のいくものを選ぶ必要があります。
また、システムの操作性などのユーザビリティが良好化という点にも注意する必要があります。
使いづらいシステムを選んでしまい時間がかかると、結局従来型の会議の方が良かったという事にもなりかねないためです。


地方に支社が多く、担当者などの出張費などを抑えたいという場合には、先述の映像・音声のクオリティーの他にセキュリティー面についてもしっかりとしたものを選ぶ必要があります。
ネットワークをつなぐ支社が多いほど、セキュリティレベルにばらつきが出てしまう恐れが高まります。
均一なセキュリティレベルを提供してくれる会社を選び、第三者に通信傍受去れたりしないような対策をとる必要があります。
また、サポート体制が充実居ているかという点も、地方に支社が多い時ほど気にしておくべき事項と言えます。
通信トラブルが起こってしまった時に速やかに対処できなければ、近隣に複数のオフィスがある時とは違い、緊急に本社に集合することは難しいでしょう。
必ず24時間のサポート体制があるかどうか、緊急時のサポートのための事業所は近くにあるかなどという点も確認しましょう。

次の記事へ

先頭に戻る